無計画な奴がポンポン産む-妊活・不妊治療の法則

不妊治療を中断したら妊娠<妊活をしていると、『なんでこんなに欲しがってる人はなかなか授からないのに、何にも考えてない無計画なやつにポンポン出来るの』

と思う事ってありませんか?

働く女性の場合、家事も仕事も、はては旦那の実家の事までこなしながら、子どもを授かるために、マカを飲んだり、葉酸を飲んだり、健康に気を遣ったり。

基礎体温もしっかりチェックし、タイミングも計って、旦那の食事も気を遣い、色々頑張っている所に、普段いい加減で結婚していない友人から、

『子どもができちゃった・・・』

なんで???

を通り越して、イラットしたりしますよね。

不妊治療を中断すると妊娠しやすい

あかちゃんがほしい2016妊活の雑誌というかムック本はいくつか出ていますが、その中にもよくあるのが、

妊活成功体験談みたいなので、「不妊治療をしていたけど中断したら妊娠した」

という話が、たまにあります。そこだけ切り取ってしまうと、不妊治療がいけないみたいな誤解を招きかねませんが、

男性、女性共に、明確な不妊の原因が無い場合、分からない場合には、治療を休んだりした時に妊娠することはよくあるようですね。

しかし、最低限でも男性は精液検査は受けて問題があるのか、ないのかわかった方が、女性も安心しますし、女性も子宮や卵巣の問題がないかをチェックする事は大切だと思います。

妊活を休んだという表現も、あくまで不妊治療を休んだだけで、その間タイミングを図っていたという事なので、なにもしないで妊娠したわけではありません。あくまで、不妊治療を休むということで妊活プレッシャーがなかっただけです。

ストレスが卵子にも精子にも悪影響を与えている

ストレスは体内に活性酸素を発生させます。血流を悪化させ、卵巣機能の低下や卵子の老化につながってしまいます。精子も酸化に良い性質なので、ストレスで活性酸素が増えると精子の数、運動率、奇形率などの数値も悪化します。
何も考えていないという人や、妊活をお休みすると妊娠しやすいというのは、妊活プレッシャーというストレスが無くなり、卵子や精子に良い環境になっているという事みたいですね。

35歳以上での妊活はストレスとの付き合い方も大切

ストレスが不妊の原因男女共に、年齢と共に体力や身体的機能は衰えていきますが、社会的な責任は増えていきます。
一般的は、30代から40代にかけては仕事をしていると、責任のある仕事をしているケースも多くなります。職場のストレスに加え、年齢的な体力の衰え、夫婦間の小づくりの回数の減少など様々な事象がストレスの原因となります。
女性の場合、卵子の老化という言葉からの焦りもある中、旦那の不理解もストレスに拍車をかけます。

無理していい人にならない

ストレスのない人は妊娠するでは、ストレスと向いあうにはどうしたらよいのでしょうか?最初に紹介したように、何も考えていない無神経な人がポンポンと妊娠する事などもあるように、逆にストレスの溜まっている人は「いい人」「いい奥さん」と周りの人に言われているような気がします。
なんにも考えてない人スは、トレスフリーで妊娠しやすいんだと思います。だから、いい人やいい奥さんになろうとしないことではないかと思います。なにかしらストレスを感じていたら、卵子にも精子にも良くないのですから、
ちょっとだけ、いい人・いい奥さんになるのを休んでみてはいかがでしょうか?年齢的な焦りや個々によって状況も違うので、一概には言えないのでしょうが、ストレスとの向き合い方で可能性が少しでも変わるなら、周りに気を遣わず自分のやりたいことをやった方がいいですよ。もちろん、卵子や精子に悪影響を与える深酒や喫煙はお勧めできませんが。

男性は妊活サプリがストレスになる事も

男性はサプリが続かない妊活のためにサプリメントを飲んでいる方も多いと思います。女性では、葉酸をはじめマカやコエンザイムなど、子宮を温めたり、ホルモンバランスを整えたり、抗酸化成分の入ったものなど様々です。
男性用の妊活サプリメントも多数あります。
しかし、男性は女性以上に妊活プレッシャーに弱い、情けない生き物かもしれません。妊活の為に飲むサプリや漢方がプレッシャーになったりすることもあります。
また、しばらく飲んでも、効果を目に見えたカタチや体で実感しにくいものを飲み続けるのは嫌になってきます。
コエンザイムQ10やL-カルニチン、亜鉛、セレン、ビタミンEなど精子に良いという成分でも嫌々飲んでいても3日坊主になるどころか、ストレスにもなりかねません。
最近は、精子に良いそれらの成分が入った青汁もあるので、無理しない方法を選択する事も出来ます。
ストレスフリーで男性も妊活できる

30代、40代での妊娠はメリットもある

30代後半、40代以上での妊娠はリスクや妊活もストレスが溜まりやすいですが、逆にメリットもありますので、それを考えるとストレスも軽くなる事もあります。
僕が男なので女性と違う事は承知していますがあえていえば、確かに、若い頃の方が妊娠しやすいですし、子育てする上でも、体力があります。
しかし、若い頃の子育ては、「精神的な余裕が無い」「経済的な余裕が無い」の2点があります。逆に、30代・40代で妊娠、出産になると、リスクもありますが、精神的余裕も経済的余裕も生まれてくるので、色んなことを客観的に捉えて子育てを楽しめます。出産後を考えると、実はメリットが大きいんです。これも考え方の一つです。要はストレスは自分自身の考え方で付き合う事が出来るので、上手く活用したいですね。