妊活に理解のない旦那はどうしたら?

精液検査の結果が汚怖い最近は、芸能人の妊活の話題も増え、以前よりは一般的にも理解が広がっている気がします。
しかしながら、いまだに女性と比べると男性は理解が低いようです。

僕の知り合いの女性も、私は赤ちゃんが欲しいのに、夫は

「まだ、いいよ。そのうち自然にできるのを待とうよ」

とか

「35歳まではいいんじゃない。その時に考えるよ」

「「子どもは欲しいけど、今は仕事に集中したい」

など、奥様の気持ちを理解していない男性が多いようです。

僕も正直なところ理解のない夫でしたので、そういった男性の気持ちは十分理解できます。

というか、あまり深く考えていなかったのです。

男性も年齢や環境によってこれぞれ状況が違うので、一概には言えませんが、

仕事や男性の置かれている立場などを奥様が理解してあげているのかという点も違いがありますが、

伝え方でも大きな違いがあるような気もしています。

夫は子どもを産む道具ではない

以前、タレントの大島美幸さんが妊活に関するインタビューの中で、

「「旦那は子供を産む道具ではないので大切にするべき」。

という事を言われていました。

夫婦ですから、子供が欲しいという気持ちは当たりまえです。

しかし、男性の心理は年齢や個々によって差はありますが、「仕事で認められたい」という願望もあり、ストレスや仕事で疲れて帰ることもあります。

もちろん、付き合いで飲みにいったり遅くなることもあり、奥様からすると、息抜きもしているように思うかもしれませんし、

遊んでばかりの男性もいるかもしれません。

妊活というか妊娠の仕組みすら知らない男性が多いのも事実です。

夫婦で妊活をしていくなかで、お互いが相手の気持ちや状況をある程度、理解し歩み寄る事が大切なのはいうまでもありません。

大島さんも、「男性だけが優しくするんではなく、女性も旦那を大事にしないとダメ。休業後は私が旦那のペースに合わせる。夫婦がうまく行く秘訣は、お互いの立場を理解し支えあっていくこと」いってました。

夫の仕事や気持ちやタイミング

夫婦の温度差僕の知人も妊活に理解の無い男性は多数います。奥さんに、

「「二人の問題でしょ!! 真剣に考えてないの??」

といわれたり、

「男はいつまでも子どもつくれるけど、女はリミットがあるよの!!」

等、奥様からいわれ、困っている事がありました。

奥様は真剣に考えているからこその事だと分かりますが、

男性は、一方的に言われると、逆に頑なになったり、プレッシャーになる事が多いようです。

もちろん、理解のない男性には伝えないと分からないのですが、

良い方向に進めるなら、伝えるタイミングや言い方で違ってくるようです。

旦那さんが仕事で疲れていたり、ストレスが溜まる人間関係にさらされているタイミングで、妊活の事で奥様から責められるような言い方をされたら、
男性も、良い反応はしないです。

男は、ある意味、単純で、褒められたり認められると素直に受け入れる事が出来ますが、責められたりすると逃げたり、攻撃的になる生き物です。

奥さまが、旦那さんに、妊活の事を理解させる場合、決して攻撃的にならないことが大切ではないかと思います。そんなの男の我儘だといわれるかもしれませんが、

男は単純ないきものですので、手のひらで転がすくらいの気持ちでいたほうが良いような気がします。

それでも旦那が妊活に協力してくれない場合

セックスレスの場合には、また工夫も必要ですし、旦那さんの精子に問題があるのかも精液検査もしていないと分からないですし、それでも旦那が妊活に非協力的な場合、離婚?という事も考えが頭をよぎりますね。
うちの場合も、一歩間違えてたら離婚になってたかもしれないですね。

泣きながら、しかし穏やかな口調で話してくれたうちの妻には頭があがりません。

旦那に妊活させる方法